あらゆるメディアを活用して地震の予報を受け取ろう

地震

試行錯誤が続く

様々なアプローチからの地震予知が進んでおり、その実用化が待たれています。実用化となれば、災害への備えは大きく変わってくるでしょう。しかし、現状では災害から身を守るためには、日ごろからの備えが第一と言えそうです。

日本列島

最近の科学の進歩

現在でも昔に比べて地震の予報に関しては進歩しています。多くの方が利用している携帯電話でも災害の設定で大きな揺れがくる数秒前には確認ができるようになりました。普段から地震に対する知識や防災用品などを備えておく事が重要なのです。

本当に必要な情報だけを

男性

細かい設定が可能です

テレビやスマートフォン、携帯電話などから得られる地震の予報情報は、自分の身や家族を守るのに大変に役に立ちます。地震が来る前に行動を起こすことが出来ますので、落ち着いてスムーズに安全な場所に避難することが可能になります。ですがこの地震の予報は自分には直接影響がないような場合でも、関係なくアラームが鳴ってしまうという問題点もあります。もちろん地震の予報情報を得ること自体は問題にはならないのですが、アラームが頻繁になってしまうと困ってしまう場合も有ります。あまりにも頻繁に地震の予報情報のアラームが鳴るために、慣れてしまって危機感が薄れてしまうということにもなりかねません。ですから地震の予報情報は自分にとって、本当に必要なものだけを得るようにした方が良いという考え方も有るのです。そこでおすすめしたいのが、スマートフォンで使用する事が出来る地震予報アプリで、これらは色々と細かい設定が出来るのが特徴です。地震が発生する場所や震度などを細かく設定することが出来るので、本当に必要な予報だけアラームを鳴らすことが可能になります。地震予報アプリはいくつかの種類がありますので、自分が使いやすそうなものを選んで使用すると良いでしょう。選ぶ際にはどういった情報が得られるのかや、画面が見やすいか操作がしやすいかといった点をチェックすると良いでしょう。アプリの説明だけではよく分からないという場合は、実際にスマートフォンにインストールして使ってみることをおすすめします。

災害

日ごろの備えで身を守る

地震はいつどこで起きるのか、予測が困難な災害です。近年の大震災では予測できず、地震そのものだけでなく二次災害が甚大な被害をもたらしました。地震そのものへの備えだけではなく、火事、津波、地割れ、液状化現象などの二次災害にも対策をとっておく必要があります。